逆流性食道炎の改善はこれだ|やってよかった治療とは

男女

がんの種類を知る

看護師

がんについて理解する

喫煙者の肺は、健康な肺より大変汚れていていつがんが発生してもおかしくない状況です。それを知っていてもなんとかなる精神でいれば、いずれ肺がんで命を落としかねません。また日本人の多くが肺がんを理由に命を落としていますから、少なくとも自分だけは大丈夫といった強気は捨てたほうが無難です。肺がんは近年医療の進歩で様々な治療が施されています。それも延命治療にも特化しているのでがん細胞で体が侵されていても長く生きられるようになりました。一口に肺がんといっても種類がいくつかありますので、身内や自分が肺がんになった時覚えておくといろいろ助けになります。予防や治療にも前向きになれますし有効治療が何なのかが理解できるでしょう。肺がんと宣告されるとお先真っ暗な状態ですが、より詳しくがんを知ることで冷静になれます。まずは肺がんの種類を理解して知識を深めていきましょう。

非小細胞がんとは

気管支や細胞などを覆う膜に出来るがんで、肺の奥側に発生することがほとんどです。この部分はほかの臓器で隠れてしまうため、発見が遅れることもありますが肺がんを疑った時念入りに検査をするのが一般的です。また、喫煙していない人に多く見られ、理由としてはフィルター付きのタバコが多く出回ったことでしょう。この肺がんは様々な性質を兼ね揃えているため、増殖の速さや治療の効果が異なってくるのが最大の特徴です。一方皮膚の表面にできる扁平上皮がんも肺がんの一種で、角質に作る特徴をもっています。肺にも発生しますが、肺門部で見かけることが多く、吐き出した痰の中にがん細胞が発見されるケースが多いです。このがんはほとんど喫煙者に見られるでしょう。大細胞がんは、大きな細胞から発生する肺がんの一種です。線がんや扁平上皮がんなど特徴が乏しい場合はこの大細胞がんだと断定されます。様々な性質を持っているものの、増殖が非常に早く小細胞がんと同じ性質を持っていることもあるでしょう。